FC2ブログ

にゃんこ成長記録

7月22日(木)

仕事のお昼休み、相方から1本の電話。

「野良の子猫がおるねん」

道路わきの茂みで見つけたらしく
仕事場の敷地内にあたるので上司に報告したら

「ほっとけ」と。

なんて冷たいお言葉。・゚・(ノД`)・゚・。

でもそれが自然のことだと言えばその通りかもしれないが
猛暑が始まりかけた7月下旬の気温は
子猫じゃなくても厳しすぎる(;´・ω・)
飲まず食わずでほっといたら、きっと明日あさってには...
と嫌な想像をふくらましてしまい、ちょっとブルーになりました(´;ェ;`)

「とりあえず、近くに親猫居ないか探してみて」
そう伝えて電話を切ったけど
午後からその子猫のことばっかり気になって、
いろんなパターンを考えて、頭の中ぐ~るぐる;

結果...

『親猫に置いてかれたようなら保護して病院に...
              そのまま引き取ってもらおうか』

そう決めたころ仕事も終わり、連絡のあった場所に急行すると
目も開いてない、ヘソの緒もついたままの小さな小さな子猫が2匹、
相方の用意したダンボール箱の中でニーニー鳴いてました;

暑いだろうに...おなかも空いてるだろうに...

すぐ動物病院に連れてって診てもらったところ、生後3、4日ほどだとか。
3日くらいは母猫にミルクもらってたみたいだし
指を差し出すと勢い良く吸い付いてくるから大丈夫だろうって。
とりあえず元気そうで良かった。゚(゚´ω`゚)゚。

病院の待合室で
「病院で引き取ってもらったら?」って相方の言ったんだけど
なんかこの出会いを終わらせたくなくなってきて...

「引き取ってください」と言えず
結局連れて帰ってきてしまいました(;^ω^)



産まれたて

そのときの、いもちゃとまめちゃ。

めちゃ小さかったなぁ~(●´∀`●)
モソモソしてて猫じゃないみたいだけど可愛くて。


連れてきてよかった...よね?
スポンサーサイト



2010.09.09 / Top↑